江戸旅行

タグ:タクシー

東京発ホーチミン行きに関するフライト情報

東京発ホーチミン行き航空券を最安値で買えるのはいつですか?
東京発ホーチミン行きの航空券は基本的に、年末年始、ゴールデンウィーク、お盆この3つの繁忙期で、航空券が高くなる傾向にあります。

この時期はハイシーズンとなっており、航空会社の早期割引やLCCで予約ができたとしても、料金は正規運賃とほぼ変わらないです。できるだけ、この3つの時期をずらしましょう。次に、航空券が比較的安くなるシーズンについてご紹介します。

1月中旬~2月は、正月を終え、旅行する方は少なくなる傾向にあります。特にヨーロッパはオフシーズンのため、航空券が安いです。4月に入り、新生活が始まるなどで忙しくなる時期も旅行される方がわりと少ないため、航空券が安くなる傾向にあります。

また、10月ごろもシルバーウィークを終え、クリスマスと正月に向けて旅行を控える方が多く、航空券が安くなる時期になります。 東京発ホーチミン行きの航空券は火曜日、水曜日、土曜日出発のフライトが比較的安くなる傾向があります。

東京発ホーチミン行き直行便の運航頻度は?
東京発ホーチミン行き直行便は約1便あります。

東京発ホーチミン行き直行便で、最も人気の航空会社は?
東京-ホーチミン間直行便の1000を運航しています。



東京発ホーチミン行きフライト情報
入国に必要な書類
ベトナム入国時には、出入国カードの提出は必要ありません。ただし、税関申告が必要な場合は、税関申告書の提出が必要です。

フライト時間
東京からホーチミンまでは、羽田空港からタンソンニャット国際空港まで直行便で約5時間50分、成田空港からはタンソンニャット国際空港まで直行便で約6時間~6時間35分です。

航空券の相場
東京からホーチミンまでの航空券の平均価格は約60,000円前後です。最も高くなるのはゴールデンウィークが入る5月と、年末の12月、次いで夏休みの8月となっています。ベトナムの旧正月や春休みが入る2~4月も比較的高めです。最安値は1月。6~7月や9~11月も低めの料金設定です。

旅行のベストシーズン
ベトナム南部のホーチミンは常夏で1年の平均気温は26~28度となり、高温多湿です。季節は雨季(5~10月)と乾季(11~4月)に分かれます。晴天が続き気温が低めとなる11~3月あたりが、旅行のベストシーズンです。雨季は毎日1日に数回雨が降りますが、終日降り続くわけではありません。4~5月は1年で最も気温が高く、5月からは雨季になるため、より一層高温多湿な日が続きます。

おすすめの観光スポット
ホーチミンは、ベトナム最大の商業都市です。かつては「サイゴン」と呼ばれており、今もなお通称として親しまれています。

ホーチミンの中心地での見どころはまず中央郵便局。フランス統治時代の19世紀末に建てられた、アーチ型の天井や装飾が美しい、クラシカルな建物です。同様にサイゴン大教会(聖母マリア教会)や、人民委員会庁舎なども当時の雰囲気を感じさせる貴重なコロニアル建築です。ベトナム戦争が終結した象徴的な場所である、統一会堂も一般公開されています。

ホーチミンから少し足を伸ばし、ベトナム戦争時代の激しいゲリラ戦の爪痕が見られるクチトンネルへ行くバスツアーも人気があります。市内にある戦争証跡博物館と合わせて訪れたい場所の1つです。

主要空港から都心部へのアクセス方法
タンソンニャット国際空港からホーチミン市内までのアクセスは、タクシーが便利です。到着出口を出て左手に進むとタクシー乗り場があります。白タクや客引きのタクシーではなく、タクシー会社のメーターのタクシーを選びましょう。しかし近年メータータクシーでもぼったくりの被害が出ていることもあるため、タクシークーポンを買えば、少し割高にはなりますが定額料金で市内の希望場所まで行くことができます。市内までは20分程です。

このほか空港からの路線バスも人気です。到着ロビーを出て右に進むと、バス乗り場があります。市内の中心地を廻る49番や、109番を選ぶとよいでしょう。市内中心地までは45分程となります。

一番早い便、一番遅い便

・一番早いフライト

羽田空港(HND)を08時25分発、タンソンニャット国際空港(SGN)に21時40分着の周遊便です。

・一番遅いフライト

羽田空港(HND)を22時55分発、タンソンニャット国際空港(SGN)空港に10時55分着の周遊便です。

※航空会社などにより、スケジュールが変更される可能性があります。

ホーチミンの基本情報

・国名:ベトナム社会主義共和国

・宗教:仏教(8割)、キリスト教、イスラム教、カオダイ教など

・言語:ベトナム語

・気候:ベトナム南部は1年中気温がほとんど変わらず、常夏です。雨季でも1日中雨が降り続くことは少ないので、年中日本の真夏と同じ服装で問題ありません。空調の効いた屋内との気温差があるため、長袖の羽織を持っていくとよいでしょう。

・時差:-2時間 ※日本よりも2時間遅い

・ビザ: 15日以内の滞在で、パスポートの残存期間が6か月以上あれば不要です。16日以上の滞在、ベトナムを出国してから30日以内の再入国にはビザが必要となります。

ホーチミンの注意点
・治安:ベトナム全般において治安は良く凶悪な犯罪は聞かれませんが、スリ、置き引き、ひったくりなどの軽犯罪は起こっています。外国人などによる子供の誘拐事件が報告されているため、とくに人が多く集まる所では、子供から目を離さないようにしましょう。

・飲料水:水道水は飲めません。飲料用には市販のミネラルウォーターを利用しましょう。

・マナー:ベトナム人が最も尊敬しているホーチミン主席。すべての紙幣にも印刷されていて、銅像や、写真なども至る所で見られます。ベトナム人に対してホーチミン主席の悪口を言うのはタブーです。

公の場で、国家に対しての批判を言うことも禁止されています。
仏教寺院や政府、公安関係の建物が観光スポットになっていることもありますが、写真撮影が禁止な場所もあります。

・喫煙:法律の定めはありませんが、社会的には18歳くらいから良いとされています。

・チップ:基本的には必要ありません。ホテルでのサービスに渡すことはマナー違反ではありません。

・持ち込み禁止物:日本ではわいせつに含まれないグラビア写真が入った雑誌やDVDでも、ベトナムではわいせつとみなされ罰金となることがあります。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、重要な事項につきましては必ず事前に関係機関にてご確認するようお願い申し上げます。

東京発ホーチミン行き格安航空券の往復チケットと片道チケットの比較
基本的に各航空会社は往復を利用することを条件に、航空券を割引して販売しています。特に海外格安航空券の割引幅が大きい傾向があります。

また、片道航空券は単純に往復航空券の半額料金とは限りません。片道航空券を往路・復路で購入する場合むしろ高くなります。 国内線航空券に関して、航空会社のルール(有効期間内に、同一区間を往復すること)により、割引が適用されますが、海外格安航空券のよう金額面でのメリットはそこまで大きくありません。

場合によって各航空会社の割引運賃を確認し、往路・復路でそれぞれ最安航空券を組み合わせたほうが安く抑えられます。

World
Sexy Spider

見所満載のカンクンの観光スポットを1日で回れる豪華ツアー!美しい青の深いセノーテの魅力もさることながら、少し離れたところには、マヤ文明の遺跡の数々が今もなお残っており、中でもチチェンイッツァは必見スポット。このツアーではセノーテ、遺跡に加え「ピンク・レイク」と呼ばれるピンク色の湖にも訪れます。観光スポットが広がるこの街を日本語ガイドがご案内♪毎週月・水・金・日曜日のみの催行なので注意してください。



POINT 1マヤ文明の最高傑作「チチェン・イッツァ遺跡」
まず最初に、マヤ文明の最高傑作「チチェン・イッツァ遺跡」を訪れます!マヤ文明は現在のメキシコからグアテマラにまたがる地域に成立したメソアメリカ文明を代表する都市文明。マヤ人はここに高度な都市文明を形成し、神殿・ピラミッドを建築していました。そんなマヤ文明の最高傑作とも言える「チチェン・イッツァ遺跡」は、訪れたもの達を圧倒的な存在感で出迎えます。思わず息をのむような佇まいにきっとあなたも驚異し、感動することでしょう。日本語ガイドの詳しい解説付きで、古代マヤ文明の雰囲気を直接その目で、耳で、心で感じてみませんか?


POINT 2セノーテ・イキルで幻想的な雰囲気を楽しむ
チチェン・イッツァからすぐのセノーテ・イキルで、想像を超えた感動体験をしましょう!水は思ったよりも冷たく、水深もかなり深いため遊泳される場合には無料でライフジャケットをレンタルいたします。海でもない、湖でもないそんなセノーテでは身体がベトベトせず、気持ちよく泳げます♪その美しく透明な水は見ているだけでも心癒やされるので、ライフジャケットを着用して水面に浮かんで頭上を見上げ、自然の造形を楽しいいただけます。エキゾチックな木々に囲まれたこのセノーテでの体験は、きっと忘れられない想い出になるでしょう。美しさに酔いしれちゃってください!ご希望に応じて、見学のみも可能です。


POINT 3不思議な世界「ピンク・レイク」
世界各地に突如現われるピンク色の湖、「ピンク・レイク」。バクテリアや塩分などの影響で色づき、そこに太陽が当たることでこのようなピンク色になっているそうですが、はっきりとした理由はいまだわかっていないそうです。そんなピンク・レイクがここメキシコ・カンクンにも存在します。
到着したらまずはその圧巻の光景を思う存分に満喫しちゃいましょう♪見たこともないような不思議な光景に思わず吸い込まれてしまいそうです。見学後はボートツアーで野鳥&フラミンゴ見学、そして泥パックを盛りだくさんです!充実したカンクン旅行になること間違いなしですよ。


ツアーの流れ
05:30
ご滞在先のホテルにお迎えカンクン市内のご滞在先ホテルまでガイドがお迎えに上がります。
*出発時間は、ご滞在先ホテルにより前後いたします。
専用車にて最初の目的地チチェンイッツァ遺跡に向かいます。


08:00
チチェンイッツァ遺跡に到着、日本語ガイドとじっくり観光♪マヤ文明の最高傑作チチェン・イッツァ遺跡に到着!メキシコ観光省認定の日本語ガイドと共に約2時間の遺跡観光をお楽しみください。


10:15
幻想的なセノーテ・イキルを観光神秘的な雰囲気のセノーテ・イキルをじっくり味わいましょう♪ご希望であれば、遊泳も可能です。特別なカンクン旅行の思い出作りをしちゃいましょう!


11:30
セノーテ・イキルにてランチタイムここで一度腹ごしらえ!午後からのツアーにむけて1時間ほど、美味しいご飯で力をたくわえておきましょう♪


15:00
ピンクレイクにて盛りだくさんのアクティビティー♪不思議なピンク色の世界、「ピンク・レイク」。見学後は、ボートに乗ってフラミンゴなどの野鳥見学&泥パック体験をします。盛りだくさんのアクテビティーで、ピンク・レイクを満喫しましょう!


17:15
ピンク・レイクを出発!専用車でカンクンへ帰ります。快適なお座席でグッスリお休みタイム♪


21:00
ご滞在先ホテルにて解散ご滞在先ホテルまでお送りします。お疲れ様でした!
*到着時間は、ご滞在先ホテルにより前後いたします。
次の日のカンクン観光を楽しむ為に、ゆっくり休んでくださいね。


ツアー情報
詳細料金


通常料金:38,000円/人 (子供 23,000円/人)
※ お一人様の場合は76,000円となります
※ 子供料金:8歳以下

ツアーに含まれるもの
・往復交通費
・日本人ガイド代
・遺跡入場料
・セノーテ入場料
・ランチ代

ツアーに含まれないもの
・チップ代
・ランチ時のお飲み物代金

最少催行人数:1 人

持ち物
・セノーテ・イキルで遊泳ご希望の方は、水着(事前に着用しておくと後で楽ちんです♪)
・虫除けスプレー

備考
・ツアー行程の時刻は目安であり天候、交通事情等により行程が変更となる場合がございます。予めご了承願います。

・お一人様のみのご参加でという場合には2名分の料金となります。
その都度、料金に関して確認をさせて頂きます。

・毎週月・水・金・日曜日のみの催行

・カンクン以外の地域からカンクン発の弊社のツアーにご参加するのは、カンクンのご集合場所まで各自でタクシーでお越し頂き必要がございます。もしくは追加料金で往復追加送迎を手配することも可能です。ホテルの場所にもよりますので料金は別途ご相談ください。

よくある質問
Q.子供料金は何歳から何歳までですか?
A. 5歳-8歳とさせて頂いております。【15,000円】でのご案内となります。

キャンセルポリシー
・ツアー催行日の4日前までのキャンセルはキャンセルチャージは発生いたしません。   
 ・ツアー催行日3日前のキャンセルはツアー代金の50%となります。   
 ・ツアー催行日前々日、前日、当日のキャンセルはツアー代金の100%となります。



台北までは飛行機でおよそ3~4時間で行くことができます。台北の歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べて台北旅行を有意義に楽しみましょう。



気軽に行ける観光都市「台北」
日本の沖縄の西にある台湾。その首都となる台北は東京から飛行機で4時間で行けるとして、多くの観光客を引き寄せます。また日本人が親しみを感じやすい風土であり、それが人気の一つの理由となってます。そんな台湾の玄関口である台北、街に出れば大都会が広がり、1歩外へ出れば懐かしさを感じるのどかな風景が広がっています。日本では大変人気のある温泉ですが、台湾にもたくさんの源泉が湧いています。台北では10月~11月が温泉シーズンにあたり、温泉協会がさまざまなキャンペーンを企画します。この時期に家族や友達と一緒に温泉に行くのもいいですね。

台北の歴史
台北のある台湾の歴史は非常に複雑です。オランダやスペインの植民地であった過去もあれば、中国本土からも支配されており、本土の福建省辺りの漢民や北方の客家人という漂流民の移住が非常に多かったようです。日清戦争の後、台湾は約50年間日本の植民地となりました。ライフラインの充実化や道路や鉄道、港湾などインフラの整備はこのころに充実しました。 また、教育の普及や治安を維持することにも努め、経済的に飛躍的な発展をとげました。現在、日本が中華人民共和国との国交を樹立した際に、日本と中華民国は断交するカタチに公式的にはなりましたが、政治や経済において台湾との交流は維持されています。

台北の経済
台北の経済は金融、メディア、通信が中心で台湾の心臓部として機能しています。主に第3次産業が台湾経済のほとんどをしめており、卸売り、貿易、金融サービス、物流サービスなどを含んでいます。なかでもコンビニエンスストアの進出店舗数が大きく、人口当たりのコンビニエンスストア店舗数が世界一です。また最近は電子産業、コンピューター通信網が発展しており、台北の収入源となってます。

台北行きの格安航空券について
台北へ行く場合、台湾桃園国際空港を利用するかと思います。日本から台湾桃園国際空港へはLCCをはじめ、たくさんの航空会社が就航しています。安く行ける時期は5~6月と9~11月。特に10月は台風も来なくなり、気温も下がりはじめるので、おすすめ。また、女子旅をしたいという方には必見!エバー航空にハローキティジェットが誕生し、機体デザインから機内食、客室乗務員さんのエプロンと、キティちゃん色で染まっています。カップルや女子旅に人気があるハローキティジェット、試しに乗ってみてはいかがでしょうか。

台北の気候
台北は日本と同様に四季があります。春は3月から5月にあたり、汗ばむ陽気に。6月は梅雨に入り、日中でも最高気温が30℃を超える日も。6月から8月の夏は平均気温30℃で気温も湿度も非常に高く蒸し暑いです。特に6~9月は台風の影響を受けやすいので、フライトの際は台風情報を確認しましょう。台北の冬は日本と比べると温かいですが、最低気温が10度前後まで下がることもあり、室内は暖房がきいていない場合が多いので、一枚上着を持っていくと安心です。

台北の主な交通手段

台北の主な交通手段は、タクシーやバス、市街へは鉄道(MRT)があります。台北には「悠遊卡」というチャージ式のICカードがあり、その都度チケットを購入する手間を省くことができるのでお勧めです。台湾は治安は良い方だとされていますが、深夜に1人でタクシーに乗車するのは極力避けたほうがよいでしょう。また汚いタクシーや傷が車体に多いタクシーは極力さけることをお勧めします。万が一停めたタクシーがそのような場合は、乗らないとアピールすれば大丈夫です。

タクシー
台北のタクシーは数も多く、運賃も安いので気軽に利用できて便利です。日本と同様にメーターを使用して距離と時間で金額が変わるシステムです。手を挙げれば流しで拾うこともできます。なお深夜になると深夜料金が加算されますので、事前にお財布の中身を確認しておきましょう。

バス
台北のバスは路線が多く、市内だけで200以上あります。慣れていないと少し乗車は難しいですが、料金も非常に安いので使いこなせれば便利です。路線によって異なりますが、運行時間は朝5時ぐらいから夜23時ぐらいまでです。ただしバス停には時刻表はないので、事前確認をしておきましょう。

鉄道
台湾の鉄道は海岸沿いを中心に発展しています。もちろん市内の鉄道網も発達していて、観光するにはうってつけでしょう。切符は駅の窓口、もしくは券売機で購入できます。安くて交通渋滞に引っかかることもないのでスムーズです。

江戸旅行