江戸旅行

タグ:フランス

東京発ホーチミン行きに関するフライト情報

東京発ホーチミン行き航空券を最安値で買えるのはいつですか?
東京発ホーチミン行きの航空券は基本的に、年末年始、ゴールデンウィーク、お盆この3つの繁忙期で、航空券が高くなる傾向にあります。

この時期はハイシーズンとなっており、航空会社の早期割引やLCCで予約ができたとしても、料金は正規運賃とほぼ変わらないです。できるだけ、この3つの時期をずらしましょう。次に、航空券が比較的安くなるシーズンについてご紹介します。

1月中旬~2月は、正月を終え、旅行する方は少なくなる傾向にあります。特にヨーロッパはオフシーズンのため、航空券が安いです。4月に入り、新生活が始まるなどで忙しくなる時期も旅行される方がわりと少ないため、航空券が安くなる傾向にあります。

また、10月ごろもシルバーウィークを終え、クリスマスと正月に向けて旅行を控える方が多く、航空券が安くなる時期になります。 東京発ホーチミン行きの航空券は火曜日、水曜日、土曜日出発のフライトが比較的安くなる傾向があります。

東京発ホーチミン行き直行便の運航頻度は?
東京発ホーチミン行き直行便は約1便あります。

東京発ホーチミン行き直行便で、最も人気の航空会社は?
東京-ホーチミン間直行便の1000を運航しています。



東京発ホーチミン行きフライト情報
入国に必要な書類
ベトナム入国時には、出入国カードの提出は必要ありません。ただし、税関申告が必要な場合は、税関申告書の提出が必要です。

フライト時間
東京からホーチミンまでは、羽田空港からタンソンニャット国際空港まで直行便で約5時間50分、成田空港からはタンソンニャット国際空港まで直行便で約6時間~6時間35分です。

航空券の相場
東京からホーチミンまでの航空券の平均価格は約60,000円前後です。最も高くなるのはゴールデンウィークが入る5月と、年末の12月、次いで夏休みの8月となっています。ベトナムの旧正月や春休みが入る2~4月も比較的高めです。最安値は1月。6~7月や9~11月も低めの料金設定です。

旅行のベストシーズン
ベトナム南部のホーチミンは常夏で1年の平均気温は26~28度となり、高温多湿です。季節は雨季(5~10月)と乾季(11~4月)に分かれます。晴天が続き気温が低めとなる11~3月あたりが、旅行のベストシーズンです。雨季は毎日1日に数回雨が降りますが、終日降り続くわけではありません。4~5月は1年で最も気温が高く、5月からは雨季になるため、より一層高温多湿な日が続きます。

おすすめの観光スポット
ホーチミンは、ベトナム最大の商業都市です。かつては「サイゴン」と呼ばれており、今もなお通称として親しまれています。

ホーチミンの中心地での見どころはまず中央郵便局。フランス統治時代の19世紀末に建てられた、アーチ型の天井や装飾が美しい、クラシカルな建物です。同様にサイゴン大教会(聖母マリア教会)や、人民委員会庁舎なども当時の雰囲気を感じさせる貴重なコロニアル建築です。ベトナム戦争が終結した象徴的な場所である、統一会堂も一般公開されています。

ホーチミンから少し足を伸ばし、ベトナム戦争時代の激しいゲリラ戦の爪痕が見られるクチトンネルへ行くバスツアーも人気があります。市内にある戦争証跡博物館と合わせて訪れたい場所の1つです。

主要空港から都心部へのアクセス方法
タンソンニャット国際空港からホーチミン市内までのアクセスは、タクシーが便利です。到着出口を出て左手に進むとタクシー乗り場があります。白タクや客引きのタクシーではなく、タクシー会社のメーターのタクシーを選びましょう。しかし近年メータータクシーでもぼったくりの被害が出ていることもあるため、タクシークーポンを買えば、少し割高にはなりますが定額料金で市内の希望場所まで行くことができます。市内までは20分程です。

このほか空港からの路線バスも人気です。到着ロビーを出て右に進むと、バス乗り場があります。市内の中心地を廻る49番や、109番を選ぶとよいでしょう。市内中心地までは45分程となります。

一番早い便、一番遅い便

・一番早いフライト

羽田空港(HND)を08時25分発、タンソンニャット国際空港(SGN)に21時40分着の周遊便です。

・一番遅いフライト

羽田空港(HND)を22時55分発、タンソンニャット国際空港(SGN)空港に10時55分着の周遊便です。

※航空会社などにより、スケジュールが変更される可能性があります。

ホーチミンの基本情報

・国名:ベトナム社会主義共和国

・宗教:仏教(8割)、キリスト教、イスラム教、カオダイ教など

・言語:ベトナム語

・気候:ベトナム南部は1年中気温がほとんど変わらず、常夏です。雨季でも1日中雨が降り続くことは少ないので、年中日本の真夏と同じ服装で問題ありません。空調の効いた屋内との気温差があるため、長袖の羽織を持っていくとよいでしょう。

・時差:-2時間 ※日本よりも2時間遅い

・ビザ: 15日以内の滞在で、パスポートの残存期間が6か月以上あれば不要です。16日以上の滞在、ベトナムを出国してから30日以内の再入国にはビザが必要となります。

ホーチミンの注意点
・治安:ベトナム全般において治安は良く凶悪な犯罪は聞かれませんが、スリ、置き引き、ひったくりなどの軽犯罪は起こっています。外国人などによる子供の誘拐事件が報告されているため、とくに人が多く集まる所では、子供から目を離さないようにしましょう。

・飲料水:水道水は飲めません。飲料用には市販のミネラルウォーターを利用しましょう。

・マナー:ベトナム人が最も尊敬しているホーチミン主席。すべての紙幣にも印刷されていて、銅像や、写真なども至る所で見られます。ベトナム人に対してホーチミン主席の悪口を言うのはタブーです。

公の場で、国家に対しての批判を言うことも禁止されています。
仏教寺院や政府、公安関係の建物が観光スポットになっていることもありますが、写真撮影が禁止な場所もあります。

・喫煙:法律の定めはありませんが、社会的には18歳くらいから良いとされています。

・チップ:基本的には必要ありません。ホテルでのサービスに渡すことはマナー違反ではありません。

・持ち込み禁止物:日本ではわいせつに含まれないグラビア写真が入った雑誌やDVDでも、ベトナムではわいせつとみなされ罰金となることがあります。

※上記情報は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。また、重要な事項につきましては必ず事前に関係機関にてご確認するようお願い申し上げます。

東京発ホーチミン行き格安航空券の往復チケットと片道チケットの比較
基本的に各航空会社は往復を利用することを条件に、航空券を割引して販売しています。特に海外格安航空券の割引幅が大きい傾向があります。

また、片道航空券は単純に往復航空券の半額料金とは限りません。片道航空券を往路・復路で購入する場合むしろ高くなります。 国内線航空券に関して、航空会社のルール(有効期間内に、同一区間を往復すること)により、割引が適用されますが、海外格安航空券のよう金額面でのメリットはそこまで大きくありません。

場合によって各航空会社の割引運賃を確認し、往路・復路でそれぞれ最安航空券を組み合わせたほうが安く抑えられます。

World
Sexy Spider

Grand Train Tour of Switzerlandは、車窓に広がるパノラマ景色を堪能するスイスの鉄道旅をご提案。ルート上のどこからでも旅をスタートすることができ、絵画に描かれたような美しい街、アルプスリゾート、数多くの観光名所を巡ります。

チューリヒ ~ ルツェルン ~ インターラーケン
スイスの中心部に位置するルツェルンを出発すると、丘が連なる景色とツーク湖やロート湖の輝く水面が目に入ります。ルツェルンからルツェルン-インターラーケン エクスプレスに乗車して、旅はさらに雄大な山々や滝のパノラマを堪能しながら進みます。


インターラーケン ~ ツヴァイジンメン ~ モントルー
インターラーケンを出発したBLSレギオエクスプレスはトゥーン湖とジンメンタール渓谷沿いを走り、ツヴァイジンメンへ。ゴールデンパスMOBパノラミックに乗り換えたら、その名の通り、歴史ある古城やのどかな田園風景を大きな窓から眺めながら走り抜けていきます。到着するとそこはスイスのフランス語圏で、あたたかな地中海の雰囲気が感じ取られるはずです。


モントルー ~ フィスプ ~ ツェルマット
旅の始まりは「スイスのリヴィエラ」と呼ばれる美しいジュネーヴ湖畔。シヨン城と葡萄畑が広がる丘が印象的な風景から始まります。そこから、ヴァレー州まで旅を続け、フィスプで狭軌列車マッターホルン ゴッタルド鉄道に乗り換えます。ここから魅惑のマッター谷の旅の始まりです。最終目的地は、マッターホルンが感銘的なスイスで最も知られた街のひとつであるツェルマットです。


ツェルマット ~ サン・モリッツ
ようこそ氷河特急へ – 《世界で最も遅い特急》とも呼ばれる氷河特急の快適な車内で、上質なサービスを堪能しながら息を呑むように美しいスイスアルプスの景観をお楽しみください。ツェルマットからおしゃれな町サン・モリッツまでは8時間の旅。91のトンネルを通り抜け、291の橋を渡り、オーバーアルプ峠(標高2,033m)を越えていきます。


サン・モリッツ ~ ティラーノ(イタリア)~ ルガーノ
ベルニナ エクスプレスは多様な言語圏と文化を結んでいます。標高2,253mに位置するラーゴ・ビアンコはそのターコイズ色の輝きが印象的な湖です。ユネスコの世界遺産にも登録されているレーティッシュ鉄道の景観を過ぎると、ポスキアーヴォ谷を経由してイタリアのティラーノへ向かいます。夏にはベルニナ エクスプレス バスがティラーノからコモ湖を通り、ルガーノまでを結んでいます。冬にはパームエクスプレスがサン・モリッツからマローヤ峠を抜け、そしてルガーノへと向かいます。


ルガーノ ~ フリューレン ~ ルツェルン
ゴッタルド パノラマエクスプレスの1等席で、いくつものループトンネルを有することで有名なルガーノからフリューレンまでの伝説のルートを快適に旅しよう。フリューレンからは、スイス中央部の壮大な眺めを堪能できる懐かしい外輪船でルツェルン湖を渡りながら、美味なる食事をお楽しみください。


ルツェルン ~ ザンクト・ガレン
フォアアルペン エクスプレスはピラトゥス山、ビュルゲンシュトック、リギ山といった名峰に囲まれたルツェルン湖から出発します。車内からはさらにミューテン山やセンティス山クールフィルステン連山の絶景を望むことができます。その後、高層湿原のあるローテントゥルムを越えると、薔薇の町として有名なラッパースヴィールへ。ザンクト・ガレンに到着する前には、スイスの高架橋の中で最も高い(地上99m)シッター高架橋に圧倒されることでしょう。


ザンクト・ガレン ~ シャフハウゼン ~ チューリヒ
多様な文化が混ざり合う都市チューリヒから、スイス東部の丘陵地帯をぬけて絵のように美しい街ザンクト・ガレンへ。ヨーロッパ最大の水量で知れるラインの滝へは、スイス国鉄のノイハウゼン・ラインファル駅から徒歩すぐです。その後スイス、ドイツ、オーストリアの国境にあるボーデン湖畔へ。



レイルヨーロッパは、ヨーロッパ域内の11,000以上もの鉄道路線を運行する 主要な鉄道会社のチケットのほか、お得な鉄道パスを取り扱っています レイルヨーロッパは、フランス国鉄とスイス国鉄の50%ずつの資本により設立された公的法人です。 本社以外にも日本を含む世界の主要9カ国に事務所を設置し、各国言語や通貨に対応。 日本でのビジネス展開は約20年にも及びます。 また取扱商品数は業界トップで、世界最大の販売流通網を有しています。 日本語ウェブサイトでは、24時間鉄道パス・チケットの購入が可能です。 日本において予約・発券することで、日本円での決済が可能。 発券センターもあるため、日本語でのアフターサービスにも対応しています。 レイルヨーロッパ ヨーロッパ鉄道の手配はお任せ! 格安!しかも手軽!24時間いつでも対応! ヨーロッパの鉄道情報はこちら! あなたの知りたい事がきっとみつかるはず!

江戸旅行