大阪のたこ焼き激戦区のミナミで、常に行列のできる人気店がココ。「なんばグランド花月」の隣に位置し、好立地でもあるからいつでも大賑わい。店舗は1階と2階があるので、グループで行っても安心。しっかり席の確保ができます。大阪ならではのたこ焼きは、誰もがクセになる美味しさです。



カリッとしているのに、中はトロ〜リ濃厚。昆布、鰹ダシも効いてます
もとはお菓子屋さんで、その軒先でたこ焼きを始めたのが同店のルーツ。長年にわたる美味しさへのこだわりが、地元の人だけでなく、観光客にも人気を呼んでいます。
ここのたこ焼きは、「外はカリッ、中はトロ〜リ」が特徴。昆布や鰹のダシがほどよく効いて、タコも大きく、「何でこんなにオイシイの?」と不思議に思えるほどこの上ない旨さ。季節によって変わる粉の性質まで研究を重ねているといいます。
そのままでも、ソースでも、しゅうゆでも、ポン酢や塩でもいただけるので、楽しみのバリエーションはさまざま。特に釜炊きの塩をぱらぱらっとかけて食べるのはオススメ。サッパリした味わいのたこ焼きになりますよ。



生地、具材、味付け、銅板、焼き師と、すべてに心が行き渡っている
熱伝導がいい銅板を使い、熟達した焼き師が丹念に焼き上げる技術も、美味しさを生み出す要素。大阪、京都、九州に直営店があるほか、フランチャイズ店もあるので、大阪はもちろん、ほかの各都市で「たこ焼き道楽 わなか」のたこ焼きを味わえます。
「毎日、どれくらいの数を焼いているのか見当がつきません。休みなく焼いています」とは店長さん。忙しい中に、生地、具材、味付け、銅板、焼き師と、すべてにおいて心が行き届いています。元気がよくて愛想のいいスタッフも高ポイント。



焼き師の焼き方はスピーディーで回転が速く、いつでもアツアツを食べられる
たこは高タンパク、低カロリーでヘルシー。しょうがは無着色のもの使用し、天玉、青ネギも生地に合うものを厳選。まさに、こだわりの情熱たこ焼きパラダイス。ソースもオリジナルで、甘みと酸味が絡み合ってフルーティーです。焼き師の焼き方は素早く、回転が速いので、いつでもアツアツを食べられるのがうれしいですね。
「隣がよしもとさんということもあり、この界隈は観光や旅行者の方も多く訪れる」とか。よく出るのは8個入り450円のパック。そのほかにも4種ダシが楽しめる「おおいり」や、ポン酢でいただく「たこポン」など、メニューはいろいろです。